お子さんの歯について(未就園の方へ、子育て情報)

みやま幼稚園では、お弁当を食べる日は必ず歯磨きを指導していました。(現在は感染予防のためお弁当は簡単なおにぎりのみ、歯磨き指導も控えています。)

乳歯の段階で虫歯になってしまうと永久歯が正しく生えてこなかったり、歯並びに影響もあり、お子さんの歯並びや虫歯を心配される保護者の方は多いのではないでしょうか。

生まれたての赤ちゃんの口内には虫歯菌はいませんが、多くが親から子へ移り徐々に増えていきます。

大人と同じ食べ物が食べられるようになってからも、飴や甘いジュースはとくに虫歯の原因になりやすいので、なるべく与え過ぎず、おやつや食後の歯磨きと仕上げ磨きを習慣づけ虫歯菌の増えにくい環境を作りましょう。

また保護者の方やお子さんがどんなにしっかり歯磨きをしていても口内の環境によって虫歯になりやすいお子さんもいますので、そんな時は歯科医に相談しましょう。

なんでも拾って口に運ぶ時期がお子さんにはあります。今はウィルスの問題もあり非常に心配ですが、口や舌を使って様々な感覚を確認することはお子さんの発達にとっては大切で必要なことです。誤飲や危険物、衛星に注意して、できる範囲でさせてあげましょう。

コロナ禍で大変な育児の日々をお過ごしと思います。皆さまお身体にお気をつけてお過ごしください。

おもちゃの整理(子育て情報)

お片付けをしたばかりなのに、おうちの中はおもちゃだらけ、なんてことは良くありますね。おままごとなど、細かいものから大きなものまで。お片付けの方法は最初が肝心。ブロックはこの箱、おままごとのお皿は重ねて、おままごとの食べ物はこの箱に、と片付ける場所を決め、分かり易いようにそのおもちゃの写真や絵を貼り付けてあげると良いでしょう。

「ブロックさんのお家に帰してあげようね。」

などとおもちゃを擬人化してみたり、声掛けを工夫して片付けの促しを続けていくと徐々に自分で片付けができるようになっていきます。

年々増えていくおもちゃですが、全てのおもちゃをお子さんのあそび場に置きっぱなしにせず、季節ごとや2、3カ月おきに分けて入れ替えて出してあげると良いでしょう。部屋がおもちゃだらけになるのも防げますし、久々のおもちゃとの再会にきっとお子さんは喜び、また楽しく遊ぶことでしょう。


お悩みの方はお電話での相談も受け付け致します。

☎0422-51-6029

未就園児あそびの会

来年度ご入園対象の2-3歳児のお子さんに、おもいっきり園で遊んで頂ける日です。

親子で遊んだり、同年齢のお友達と知り合ったり、先生と遊んだり、映画をみたり、音楽にあわせて踊ったり、体操したり・・・
たのしいことがいっぱい!

是非、遊びにきてくださいね。   
参加希望の方は、お電話(0422-51-6029)でお申し込みください。その際、お子さんの名前・生年月日・住所・電話番号を必ずお伝え下さい。 費用は無料です。      ※お申し込み後に、欠席の場合は必ずご連絡下さい。

令和元年9月21日(土)  「リトミックで遊ぼう!」

9 :50~  受付
10:00~  リトミック(リズムあそび)

◎持ち物

・上履き
・水筒など

そろそろ自分で出来るようにさせなくては・・?!(子育て情報)

お子さんがご自分で洋服が着られない、靴が履けない、食事を1人で食べられないと悩んでいる保護者の方は少なくないのではないでしょうか。

現代の生活環境は様々な生活用具が自動化、軽量化し、便利になった反面、幼いうちから手先・指先を使う機会は徐々に減ってきています。

例えば昔は水道のハンドルも指先に力を入れてひねり、水の量を調整し、止めるときも力が必要でしたが、現代では軽いレバーを上下に動かすだけで済みます。ドアノブや、様々なスイッチもどんどん簡易な物に進化しています。

お子さんそれぞれの個性によって様々な理由が考えられますが、

まずは手の巧緻性や柔軟性を遊びの中で身につけることから始めてみてはいかがでしょうか。身近な日用品で出来る遊びをご紹介します。なんでも真似したい盛りのお子さんにとって、大人のすることはやってみたい大好きなことですから。

つまむ力・・・・おうちの方が洗濯物を干したり、しまったりしているときに洗濯バサミを持たせてあげましょう。「このハンカチをとめるのを手伝って」と洗濯バサミを渡したらお子さんも喜んでやってくれるはずです。洗濯ばさみをワニに見立てて親子でパクパクして遊んでも楽しいですよ。

押す力・・・・・お菓子の箱などについてくる緩衝材(プチプチ)を親子で親指や人差し指で押して楽しんでください。緩衝材に模様をつけてつぶすのも楽しいです。またおうちに低反発のものをお持ちでしたらグ―っと押して「何の形に見えるかな?」と遊んでも楽しいですよ。

両手の協応力・・広告チラシなどに少しだけ裂け目を入れてあげて「ビリビリ~」など声を出して裂くととても楽しいです。何枚か裂いた後は両手で丸めておにぎり作り。ぎゅっと力を入れて硬くしてボールにして遊んでもよいですね。

他にも、お子さんが楽しく手先の力をつけていくことのできる生活用品がいっぱいです。どうぞお試し下さい。こうした生活の中での経験の積み重ねによって「できない→できる」になっていきます。

どうぞ焦らず、無理強いせず、ゆっくりと成長を促してあげましょう。

お悩みの方はお電話での相談も受け付け致します。

☎0422-51-6029

駄々をこねるのはなぜ? (子育て情報)

2歳ごろのお子さんが、駄々をこねるのはしっかりと成長している証拠です。

ただ、お買い物に出かけるときや、朝の支度の最中など、理由が分からず
延々と駄々をこねられてしまうと
保護者の方々もヘトヘトになってしまいますよね。

1歳半~2歳頃の幼児は自我が芽生え、秩序を守ろうとしたり、
こだわりも強くなってきます。
正しい物の位置や、行動を前もって伝えることで、納得がいき
しっかりとそれを守ろうとします。
この時期はなるべく身支度の順序や、
お子さんが使う物の配置を急に変えることは避け、
正しい決まりを守ろうとする気持ちを大切にしましょう。

また、なんでも自分でやりたい時期でもあります。
時間がかかり大変ですが、
親が先回りをせず、 まずは自分でやりたい気持ちを大切にして。
そっと手助けをしてあげましょう。




人形劇をみよう!(1~4歳対象)


劇団「やまいも」さんが、みやま幼稚園にやってきます!
 未就園児対象の観劇会です。どうぞご参加ください。

日時:2019年7/22(月)   10:30~11:45 (受付10:15~)

●持ち物:上履き(親子)、お飲み物

●お申し込み方法:期間内にお電話でお申し込みください。なお定員になり次第受付を終了いたします。キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

●お申し込み期間: 7/8(月)~7/11(木)9:00~16:00